時計修理のご案内
お電話の前に下記をご確認下さい
  • ■当店は少人数で運営しております。接客中や作業中は電話をお受けできない場合がございます。お電話がつながらない場合は時間を置いておかけ直し下さい。
  • ■お電話でのお見積りはお受けしておりません。料金ページでご確認いただくか時計をご持参の上ご来店下さい。
  • ■お電話で 「ベルトの修理できますか?」「ガラス交換は大体いくらですか?」 等の外装修理のお問い合わせを多くいただきますが、現物を拝見しないと修理可能かはお答えできません。またトラブルを避ける為、大まかな修理費用もお答えしておりません。メーカーやモデル、時計の構造や状態、純正か社外品、部品価格により金額、納期が異なります。
  • ■遠方のお客様は宅配便での修理依頼も可能でございます。お電話にてお尋ねください。
  • ■電池交換や修理でご来店される場合に電話予約は不要です。
  • TEL:029(893)6255
電池交換【海外ブランドもOK!】

ウォッチラボでは腕時計の電池交換を承っております。
もちろん他店購入の腕時計もお受け致します。お気軽にお申し付けください。

カシオ(G-SHOCK等)・セイコー・シチズン・オリエント等の国内メーカー時計から、オメガ・カルティエ等のブランド時計やニクソン・ディーゼル等のカジュアルウォッチまで承っております。
また、アンティーク腕時計・懐中時計等、電池交換が難しいモデルや独特な機構のモデル等、電池交換はウォッチラボへお任せください。

こんな経験ございませんか?

海外ブランドの腕時計を時計店やホームセンターに持参し電池交換を依頼したが 数週間かかると言われた。または、高額な金額を言われた。
ときにはメーカー送りになり数万円かかるという場合もございます。

海外ブランド時計の電池交換は技術と知識がないとできません。
海外ブランド時計は技術と信頼のウォッチラボへお任せ下さい。

ウォッチラボの電池交換作業工程 1.裏蓋周りのゴミ除去
2.裏蓋を開ける
3.電池を外し、電圧を確認
4.電池の容量が無ければ交換・容量がある場合他の原因を探す
5.ケース内部のゴミ除去
6.裏蓋パッキンをチェック
7.パッキンが劣化している場合交換・継続使用可能な場合シリコングリス塗布
8.裏蓋のゴミを掃除してパッキンを装着
9.裏蓋を閉め動作の確認をし時刻合わせ
料金はプライスページを確認下さい。
ベルト調整・交換【ネット購入品もOK!】 ウォッチラボでは、腕時計ベルトのサイズ調整、交換を承っております。
ベルトが切れてしまった、駒とピンがはずれてしまった、留め金が故障してしまった等 腕時計のベルトの調整、修理、交換など様々なニーズにお答えしております。 海外ブランド時計もお受け致します。
お気軽にお申し付けください。
料金はプライスページを確認下さい。
【ご注意】 ※バンドを長くする場合は、購入時に外した付属のコマをご持参下さい。
時計のオーバーホール 腕時計には定期的なオーバーホールが必要です。
精密機械である腕時計の中身は、数多くのパーツが常に連動しているため、 細かいズレが重なることで時刻が乱れやすくなります。
ウォッチラボでは、丁寧に分解した後に故障箇所や摩耗箇所の確認し、各パーツを洗浄、 修理、オーバーホール致します。
オーバーホール後には動作確認と精度のテストを行います。
計測内容により、時計の精度の微調整をし、ダイバーウォッチの場合は 防水テストまで行います。
料金はプライスページを確認下さい。
時計修理について【ご注意】 ★ガラス交換や外装研磨、浸水による内部のクモリなど
 時計に関するトラブルがございましたら、是非一度ウォッチラボにご相談下さい。
★柱時計・掛時計・置き時計の修理も承っております。お気軽にお申し付けください。

※時計のメーカー、機種によってはメーカー修理になる場合がございます。
※部品やその他の都合で修理をお引き受け致しかねる場合もございます
 予めご了承下さいませ。
※電池交換以外の修理に関する御見積もりはお電話ではお答えできません。
※修理品の保管期間は修理完了日より1年間です。
 保管期間を経過した修理品は処分させて頂きますので予めご了承下さいませ。
↑Top↑