update

dunhill(ダンヒル)のガスライター(ローラガス)のオーバーホール(分解掃除)修理をしました。

 

土浦市のY様にダンヒル、ライターの修理をご依頼頂きました。

 

 

タバコの値上げや健康志向により禁煙する方が増え、最近はライターの修理も激減しております。

 

 

100円ライターも便利で経済的ですが、デュポンやカルティエ、ダンヒルなどの

 

 

高級ライターはやっぱりダンディです!! 

 

 

今回御預りしたライターがこちら ↓↓↓

ダンヒルライター 修理

 

漆塗りの黒。 ダンディっす。(ΦωΦ)

 

 

ローラーを回しても火花が出ず、ガスを注入するとかなりの勢いでガス漏れします・・・

 

 

お預かりした時にガスを入れた瞬間 「ブシューーーーーッ」 と顔面に噴射しました。(笑)

 

 

一度もメンテナンスをされてないとの事で、フリント(石)の削れた粉が混入しており

 

 

各部分のパッキンも劣化しております。

 

 

まずは丁寧に分解し、各パーツをチェックします。

 

 

分解し洗浄した状態がこちらです。↓↓↓

DSCN3347

 

 

だいぶ綺麗になりました。(^◇^)

 

 

劣化したパッキンを交換し、組み上げて石交換、ガスを注入し完成です。

 

 

DSCN3349

 

 

無事着火しましたー( *´艸`) 

 

ご利用ありがとうございました。

 

ダンヒル等の高級ライターの修理・オーバーホールはウォッチラボにご相談ください。

 

 

壊れた高級ライター、不要な高級ライターがございましたら買取りさせて頂きます。

※壊れていても買取り可能です。デュポン・ダンヒル・カルティエのみ買取り致します。

 

 

 

↓関連記事↓
↑Top↑